スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドラマ ドラゴン桜における借金問題 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



先日までドラマ「ドラゴン桜」の再放送をやっていました。
阿部寛さんはいい役者になりましたね。
モデルから俳優に転向した頃には想像できませんでした。

そういえば昔、はいからさんが通るでも少尉役で出演してましたが。
怖いもの見たさで見てみたい気がします。

知らない方のために簡単にドラゴン桜のストーリーのご紹介・・・

過去、暴走族だった貧乏弁護士の桜木(阿部ちゃん)は
先輩弁護士から仕事を紹介してもらう。
その仕事とは、偏差値が低いため(偏差値36)生徒が集まらず、
経営危機に陥っている龍山高校の破産処理。
しかし、桜木は考えた。
破産させると、破産管財人に引き継いだ時点で自分の仕事は終わってしまう。

ならば龍山高校を進学校化し、東大入学者を出す。
これなら生徒も集まり、経営状態もよくなるだろう。
自分も学校を再建させた立役者として注目を集め、
一発あてて虎ノ門に事務所を構えられる。

そして特別進学(特進)クラスを作り、受験のプロと呼ばれる
ユニークな指導方法をする教師たちを招き、
東大合格を目指す、というお話なのですが・・・

当然、前からいた教師たちは「うちの生徒が東大にいける訳がない。」と猛反発。

特進クラスに5人生徒が集まらなかったら、自分はこの学校から去ると
約束してしまう桜木が生徒をスカウトしにいくのですが、
その一人が矢島勇介(山下智久)

鉄工所を営んでいた矢島の父は借金を残して蒸発してしまい、
母と暮らす家に借金取りが押しかける毎日。

この取り立てが暴力振るったり、(しかも子どもである矢島に)
声荒げたりと絵に描いたような取立て
なのですが、一応サラ金の人、と言う設定らしい。

桜木は特進に入るなら、借金返済のため300万貸すという。

(このお金は龍山高校に残された最後の運転資金なのですが、
買い物依存症で多重債務者の理事長(野際陽子)が
こっそり2万円使用してしまっているので、実は298万しかない。
龍山高校が経営難なのはこの理事長にも原因があるようです。)

金利を返すだけで精一杯、元金は一向にへりゃしない。
借金に負われてこのまま社会の底辺這いずりまわって生きていくのか?


そう言って決断を促すのですが、返事をしなければ5秒ごとに
万札を破りすてるという。(もったいない・・・)

夜の土木工事のバイトで渡される給料は
雇い主がピンハネした後だとか、
23万で買ったトランペットが3万でしか買い取ってもらえなかったり、
(買い取った店は店頭では18万で売りに出していた)
搾取されるしかない自分の今後の人生を散々思い知らされていた矢島は
現金を詰まれ、特進に入ることを決意する。

「もらうんじゃない、借りるだけだ」


・・・長くなったので次回に続きます。


ドラゴン桜 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ 2009/10/23 11:12 ] ドラゴン桜 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/10/26 16:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabaraidairinin.blog35.fc2.com/tb.php/86-24be748b











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。