スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

弁護士・認定司法書士が過払い返還の報酬隠し 申告漏れ 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



弁護士・認定司法書士 過払い返還 報酬隠し 福岡、佐賀、長崎 120人、計10億円
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091019-00000014-nnp-soci

 福岡、佐賀、長崎3県の弁護士と認定司法書士約120人が、
貸金業者などに払い過ぎた借金の利息分を取り戻す「過払い金返還請求」の
代理人として得た計約10億円の報酬を隠し、福岡国税局から申告漏れの
指摘を受けていたことが18日、分かった。
重加算税を含む追徴課税は計約3億5千万円という。

 同局によると、120人のうち約7割が認定司法書士。
一般的に返還請求では、貸金業者からの返還金の約2割を依頼者から
報酬として受け取るが、同局が2005年から07年までの3年間に
請求の代理人となった約140人を調査したところ、約85%の120人が
報酬を申告しなかったり、過少申告したりしていたという。

 最も所得隠しが多額だったのは福岡県の認定司法書士で、
約1億円の収入を申告していなかった。
この認定司法書士は、返還金を自ら管理する依頼者の預金口座に振り込ませ、
報酬を引き出した後に通帳を返却。
自分の預金口座を使わないことで、金の出し入れを分かりにくくしていた。
同局はこの認定司法書士の手口は悪質として、重加算税を含む約5600万円を追徴課税した。

 福岡県司法書士会などによると、バブル崩壊後、
司法書士の主な業務の一つの登記代行業務は約3割減少した。

 一方、司法書士は100時間の講習を受け国家試験を合格すれば、
簡裁で行われる請求額140万円以下の訴訟代理人ができる認定司法書士になれる。
認定司法書士は、06年に「グレーゾーン金利」での融資を認めない
最高裁判決が出た後、「過払い金返還請求」という新たな仕事が増え、
乗り出すケースが相次いでいるという。

 同会の秋根喬事務局長は「来年には法改正でグレーゾーン金利が無くなるため、
依頼者の激減が予想され、仕事が無くなる前に稼ごうという心理が働いたと考えられる。
悪質な会員が特定できれば厳しい処分をしたい」と話している。


======================================================================

司法書士試験の合格率は3%前後で国家試験の中でも難関だそうです。

過払いバブルも終焉に近づき、少しでも資金を確保しておきたい気持ちは
分からないでもありませんが、決まりは決まり。
法律を武器にして手にした過払い金なら、最後まで法に沿って
報酬を申告して欲しいと思います。
せっかく難関を突破したのだから・・・

それにしても隠していた分だけで10億円の報酬、
報酬が二割だとすると、取り戻した過払い金は約50億。
すごいですね。

以前からの仕事である、登記業務が減っているようで、
過払いバブルが終わったら司法書士さんたちはどうするのでしょう。
もし私だったら、過払い返還で稼げるだけ稼いで、他の事業でも始めるかも。
ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ 2009/10/19 12:24 ] 過払いニュース | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabaraidairinin.blog35.fc2.com/tb.php/82-04298faf











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。