スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オリコも方針変換 任意では5割? 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



私が過払い請求をしたのが2009年2月。
このときには支払日までの利息もつける満5+5の和解を
自ら申し出ていたオリコですが、
最近その対応が渋くなってきたようです。

最近の依頼者の事情、業者の状況

「最優良児のオリエントコーポレーショは5割返還に方針変更、ニコスも
過払い利息を付加するのを嫌い始めた。」

オリコの過払い金返還について

「最近うちは7割返還という方針です」


参考に オリコの投資家向け よくあるご質問(FAQ)より

Q7.過払い金利の返還実績はどのようになっていますか?
また今後はどのように推移すると見込んでいるのですか?

A7.キャッシュアウト分と元本放棄分を合わせ、08年3月期には333億円、
09年3月期には407億円、10年3月期第1四半期には105億円 を返還しました。
これらにつきましては、
すべて2年前に計上した「利息返還損失引当金」の取り崩しで対応しており、
損益への影響はございません。
グレーゾーン金利での融資残高は今年度中にはほとんどなくなる見通しであり、
過払い金利の返還額につきましても今年度は約370億円、
来年度以降は年間200億円台、100億円台へと減少してゆくと予想しております。

Q8.過払い金利返還の時効に関する09年1~3月の
一連の最高裁判決の影響について教えて下さい。

A8.最高裁は「過払い金利返還請求における時効の起算日は『貸借取引の終了時』である」
との判断を示しました。
当社は従来からほぼ同判決内容に沿った運用を行っております。
従いまして、当社は今回の一連の最高裁判決による影響を
ほとんど受けないものと考えております。
ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabaraidairinin.blog35.fc2.com/tb.php/78-4b83ded4











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。