スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オリコ[2]引き直し計算をする 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



オリコ引き直し計算

送られてきた取引履歴。
ショッピングとキャッシング別々にしてくださいと言ったはずなのに、
一覧になってます。
キャッシングだけにして、といえば良かったんですかね~。

しかもご利用明細と入金明細が別々の表になっています。
つまり時系列になってないのです。

・まずご利用明細から区分CS(キャッシング)になっている項目の
日付、金額を入力する。最後まで入力する。

・次にご入金明細より日付と弁済額を入力するのですが・・・
日付はいいとして、弁済額はCS元金、CS利息の合計なのですが、
費用①、②をどうしましょうか。

費用①→遅延損害金、再請求手数料、催告費用、戻し手数料の合計
費用②→カード年会費、印紙代、振り込み手数料、時間外手数料の合計

これはみなし利息ってやつですね。
(みなし利息、以前に書いたエントリーがあるのですが、
以前のものは内容がいまいちです。)

みなし利息に関する決め事は利息制限法と出資法の両方にあって、
それぞれ微妙に違っています。

引用 キャッシングクレジット法律学
出資法上、手数料や礼金も利息になるのですか?

出資法では、金銭の貸付けを行なう者が、
その貸付けに関して受け取る金銭については、
礼金、割引料、手数料、調査料その他名義が何であれ利息とみなされることになっています。

しかしながら、出資法には、
利息制限法のような但書規定(契約の費用や債務弁済の費用は利息とはみなされないという規定です)
はありません。

出資法では、契約の費用や債務弁済費用は利息とみなされるということですか?
この点について、最高裁は、
「出資法では、元本以外の金銭はその貸付けに関するものと認められる限り
利息の実質を有すると否とを問わず、すべて利息とみなし、
契約の締結および債務の弁済の費用といえどもその例外とはしない趣旨である」として、
公正証書作成費用と電話質権設定費用について利息とみなしています。
(最判昭和27.12.21刑集36-12-1037)


どうやら出資法では費用①、②とも弁済額に含めてよさそうです。
この時は知らなかったので、
私がした引き直し計算では費用①しか含めていませんでした。
(費用①には遅延損害金があったので)
損しました・・・

全て入力したらソートして終了です。

はい、過払いでました。
元金、利息合わせて約110万円でした。

それにしても出資法と利息制限法、ややこしいです。
おなじような内容の法律を二つも作るなんて・・・

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★

Re: オリコ 引き直し

Nさま
初めまして。

ご入金日の日付をそのまま入力でいいと思います。
裁判からだいぶ年月が経過していますので間違っていたらごめんなさい。

それと、コメントのアドレス欄に携帯アドレスが載っていたので
コメントは非表示にしてあります。

> 初めまして、引き直し計算より辿りつきました。
> オリコですが。打ち込みしているんですが、弁済額を打ち込む欄はどこの日付で打ち込みしたらいいんでしょうか?四月に借りて五月の入金金額を四月の最終貸付日でいいのですか?


[ 2015/02/27 16:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kabaraidairinin.blog35.fc2.com/tb.php/65-0a038644











Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。