スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テレビを信じるな! 「直ちに健康には影響しない」 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



昨日の自衛隊ヘリからの放水は、予定より遅れて今日行われた。

7.5トンを4回。

映像を見たが水がかなり拡散されていた。

効果はあったのだろうか・・・

ヘリ放水に引き続き、機動隊の高圧放水車で30トンの水を放水予定。

なりふりかまわなくなってきている。

現在原発の敷地内に電源を引き込む工事を行っているという。

その時間稼ぎだと信じたい。

それから昨日あたりからテレビで繰り返される、

「直ちに健康に被害を及ぼすレベルではありません」

直ちに。では、長期ではどうなるの?

テレビを見て安心している人はこれを読んで欲しい。

■原発 緊急情報(10) 政府・マスコミ、ごまかし。危ない?!

1) 福島原発2号炉から放射線が漏れたときに枝野官房長官が発表した数値は1時間に400ミリシーベルト。
(もし、その場所に1ヶ月少し住んだら、400シーベルトになり死亡.その100分の1で死亡するから1日いたら死亡する)

2) 文部科学省が3月16日に発表した福島原発から20キロの地点(福島県浪江町周辺)の放射線は1時間330マイクロシーベルトであった(1時間あたりと思う)。
(そこに1ヶ月少し住んだら330ミリシーベルトになり、白血病になる数値・・・これをテレビでは「安全な放射線」と言っていた。)

3) 3月15日頃の東京の高い値は10マイクロシーベルトぐらいだった。
(東京に1ヶ月少し住むと、10ミリシーベルトで、1年間に浴びて良い値の10倍になる。1年ぐらい住むと子供はかなり危険。胃のレントゲンが1回で600マイクロシーベルトだから、1ヶ月で17回のレントゲンを受けることになる。安全とは言えない.)

・・・・・・・・・

【政府のトリック】

政府やマスコミは「福島原発から20キロのところの放射線は、330マイクロシーベルトだから、胃のレントゲンの2分の1」という言い方をしている。だから安全という.

しかしそれは「そこに1時間しかいない人」の事であり、住んでいる人ではない。だから、1ヶ月あまり住む人は330ミリシーベルトを浴びることになり、子供も親も白血病になるだろう.

すぐ待避しなければならない。決して「安全な放射線」ではないのだ。



NHKの解説者水野さんは福島県浪江町周辺の330マイクロシーベルト

という値が発表され、

「これは直ちに健康に影響を及ぼすレベルではない?」

と、アナウンサーに促されたとき、

「う、うーん、直ちには・・・長期的には人体に影響あるレベルと思う・・・」

明らかに動揺していた。

お願いです、本当のことを言って欲しい。

パニックになるかも知れないからというのは分かる。

もう腹をくくったんです。

ここで生活していくと。

全く被曝しないなんて思ってない。

分かった上で、放射能の影響を最大限避けたい。

だれも安全としかいわないからみんな普通に学校に行っている。

マスクしている子だって半分も居ない。

外に洗濯物を干している家もたくさんある。

危機感を持っているのは、私だけなのか?

今、私は家族を外に出したくない。

けれどうちの子だけずっと休ませるわけには・・・

お願いです。子供が宝だというなら本当のことを言って欲しい。

屋内にいるだけで少しでも被害が抑えられるなら。


放射性物質の飛来する方向は風向きに左右される。
気象庁は原発付近の地震後の風向きデータを発表していない。

【2057826】福島県原発周辺地域: 放射線量と風速の非公開続く
http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1281,2057826,2058335,page=2

また、原発のある福島県東海岸では、気象庁のアメダス(http://www.jma.go.jp/jp/amedas_hmap25.html?areaCode=205)により、相馬、浪江、広野の3地点の風向風速が監視され、逐次公開されてきた。しかし、相馬は11日 15時以降、浪江は11日16時以降、データが公開されていない。原発直近の広野でも断続的にデータが欠損している。



それから、国内の農産物が放射能汚染されていないか検査され始めるようです。

厚労省、食品放射能汚染への備え、都道府県に通知
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110317/plc11031715210033-n1.htm


追記
すみません、浪江町330マイクロシーベルト、東京10マイクロシーベルト
のソースがみつかりません。
私がニュースで聞いたとき、もう少し少なかったような気がします。
ただ、マスコミ報道の数値操作トリックについて書かれていることは正しいと思います。

こちらも参考に
放射線被ばくを考える
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1028

追記 3/18
ソースありました。
「直ちに人体影響ない」=高濃度の放射線量測定で-枝野官房長官
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031601071

確かに330マイクロで「直ちに人体に影響はない」といっています。

東京の値はソースが見つかったらまたUPします。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ 2011/03/17 18:42 ] その他 | TB(0) | CM(0)









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。