スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

両親が借金をした理由[4]2度目の引越し 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



このカテゴリには過払いとは直接関係ない(かもしれない)
家庭問題が含まれています。
かなり暗い内容ですので
嫌な方は読まないほうが良いかもしれません。

私は中学生になっていました。
心機一転、新しい場所で子どものために
夫婦関係をやり直そうと、引越しを決めた両親でした。
引越す家は父の行っていた事業を取り仕切っている会社が
決める事になっていたのですが・・・

これから暮らす、というその家を見たとき私は驚きました。
トタンで囲まれたその家は、築何年なのか見当もつきません。
広さは4畳半2部屋と台所。
ダイニングじゃありません。流しとガス台があるだけの空間。

そして何よりも驚いたのは、トイレが水洗でなかったこと。
(水洗でないおうちの方、ごめんなさい。
それまでは一応、都内の新築アパートに住んでいましたので、
ボットントイレを使うというのは、旅行でどこかに行ったとき
ぐらいしか経験がなかったもので・・・)

お風呂は辛うじてついていました。
田舎なので周りに銭湯なんてありませんから。
いわゆるバランス釜、というやつです。
バランス釜知っていますか?
こういうのです→バランス釜
古い型のものですのでもちろんシャワーなんかついていません。

今までの家からだいぶ狭くなって荷物が入りきらなかったので、
親戚の家で家具など預かってもらっていました。

この家を初めて見たとき、母はショックで涙が出たそうです。

なぜこの事業にこだわらなければならなかったのか、
こんな家に引越しさせられてまで続けていく価値があったものなのか、
全く理解できません。

事業を始めた当初から父の売り上げは良いとはいえないものでした。
なので、これぐらいの家賃なら払えるだろうという考えもあったのでしょうけど。
(家賃は3万ぐらいだったと思います)

それ以上に、「裸一貫から出直せ」みたいな精神論を好む会社でしたので、
あえて辛い環境を用意する、
という意図があったんじゃないかとは思っていますが。

ここでこれから先6年ほど暮らすことになります。

両親の仲はさらに険悪に、経済的な状況も悪くなっていきます。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ 2009/10/30 10:11 ] 借金の理由 | TB(0) | CM(0)









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。