スポンサーサイト 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オリコ 取引履歴に疑問はあれど 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



2chのオリコスレ。
今年になってから、所々こんな書き込みがみられました。


・ここは古い履歴を開示してこないよね。


・取引歴が来てるんですが利用の方は平成5年からあるのに
入金は平成7年からしかありません。


・ここは平成7年以前に関しては、一部しか開示していない。


・平成5年ぐらいまでは出ますよ>借り入れ記録



私も取引履歴を受け取ったとき、少し疑問を持ちました。
母の履歴は平成5年から始まっていました。

[入金履歴]
平成5年3月 会費 入金
平成6年3月 会費 入金
平成6年10月 ショッピング 約4000円入金 会費以外で初の入金←利用履歴に無い
平成7年1月 ショッピング 約9000円入金 
   :
平成7年5月 キャッシング 1万円入金
   :

[ご利用履歴]
平成6年12月 ショッピング 約13万
平成7年4月 ショッピング 2000円
   :  
平成7年4月 キャッシング 約15万 (初キャッシング)
   :

あれ?と思ったのはカードを作って2年間、
全く利用しないで会費だけ払っていたことです。
オリコは初めて作ったカードでした。
なので、物珍しさもあったのかなとか、いざという時のために作っておいたのかな
と思っていました。

母に確認もしました。
「そうそう、最初はあんまり使わなかったのよ」
といっていましたが、15年以上前の話です。
はっきりは覚えていないみたいでした。

引き落とし口座の通帳も捨ててしまっていますし、
明細なんかもちろん取っておいてません。
オリコに確認してみようと思ってついつい忘れてたんですが・・・

取引履歴、全部出てない人もいるんだって、
という話を母としたことがあるのですが、
母はこう言っていました。

「借りたお金で助かったこともあるし、過払い金で借金も無くなったし、
これで充分だよ」

私も同じ気持ちでしたので、会費の疑問はまあいいか(面倒だし)
と思っていました。


しかし、これを書きながら気づいてしまいました。
平成6年10月 ショッピングで4000円入金 このご利用履歴が無いことに。

それでもキャッシングの履歴は(見かけは)整合性が取れているし、
オリコの対応も紳士的だったし、これはもういいや・・・

今後一切異議申し立てしない、という和解書を取り交わしているので
履歴隠されていてもどうにもできないわけで。
いや、履歴隠してるんならひっくり返すこともできそうですが、
(法律分かりませんのであくまで「できそうな気がする」だけです)
相当エネルギーが必要そうですし。
オリコに対してこれ以上追及はしません。

借金無くなったしこれでもう充分。
これに尽きると思います。
スポンサーサイト

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★

オリコ みなし利息は計算されていたか? 


はじめての方はこちらから 全記事一覧




最近は任意での請求は5割提示というオリエントコーポレーション。

私が過払い請求したのは2009年2月で、
このときは満5+5の和解をすんなり引き出せたのですが、
この頃の体験談はアテにならないようです。

と、いうことを2ちゃんねるのスレにて知りました。
同時にみなし利息のことが話題になっていたので、
自分のときはどうなっていたのかと確かめてみました。


その前に、みなし利息とはなんでしょう。
お金を借りて返済する際の元本以外の金額、つまり
礼金、割引金、手数料、調査料などと言う名目の金銭は利息とみなすという
ことをいいます。

オリコでいうと以下の部分。
取引履歴に記載されています。
費用①→遅延損害金、再請求手数料、催告費用、戻し手数料の合計
費用②→カード年会費、印紙代、振り込み手数料、時間外手数料の合計

私が過払い請求したときは、遅延損害金を含む費用①は引き直し計算に含めていました。
(期限の利益を宥恕したとして無効になることは知っていましたので・・・)
しかし、「みなし利息」という概念を知らなかったので、
費用②については引き直し計算に含めませんでした。
もったいない。

しかしここでちょっと疑問が。
みなし利息の規定は利息制限法と出資法の両方にあり、
少しずつ違っています。

利息制限法では・・・

前2条の規定の適用については、
金銭を目的とする消費貸借に関し債権者の受ける元本以外の金銭は、
礼金、割引金、手数料、調査料その他何らの名義をもってするを問わず、利息とみなす。
但し、契約の締結及び債務の弁済の費用は、この限りでない。

一方、出資法では・・・

金銭の貸付けを行う者がその貸付けに関し受ける金銭は、
礼金、割引料、手数料、調査料その他何らの名義をもつてするを問わず、
利息とみなして第1項及び第2項の規定を適用する。
貸し付けられた金銭について支払を受領し、又は要求する者が、
その受領又は要求に関し受ける元本以外の金銭についても、
同様に利息とみなして第3項の規定を適用する。


つまり出資法では「契約の締結及び債務の弁済の費用」はみなし利息となるが、
利息制限法ではみなし利息にはならないということらしい。

となるとオリコの費用②は
出資法を根拠にすればはみなし利息となり、
利息制限法を根拠にすれば費用②の印紙代、振り込み手数料、時間外手数料は
みなし利息ではないということになってしまいます。

引き直し計算は利息制限法を根拠にしていますので、
同じ法律に則った方が良いのかと思いましたが、
こんな書き込みがありました。

「主張は自分に有利な法を(たとえ部分的であっても)抜き出して選択すれば良いです。」

へ~そうなんだ。
ということで出資法を根拠にして費用①、費用②とも引き直し計算に含めても良さそうです。

で、私が和解した際のオリコ側の計算書に
費用①、②は含まれていたかどうかですが、
引き直しされていたのは費用①のみ。
費用②は計算に含まれていませんでした。

訴訟で主張すれば費用②も認められるのか、
体験された方居ましたら教えてください。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★

オリコも方針変換 任意では5割? 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



私が過払い請求をしたのが2009年2月。
このときには支払日までの利息もつける満5+5の和解を
自ら申し出ていたオリコですが、
最近その対応が渋くなってきたようです。

最近の依頼者の事情、業者の状況

「最優良児のオリエントコーポレーショは5割返還に方針変更、ニコスも
過払い利息を付加するのを嫌い始めた。」

オリコの過払い金返還について

「最近うちは7割返還という方針です」


参考に オリコの投資家向け よくあるご質問(FAQ)より

Q7.過払い金利の返還実績はどのようになっていますか?
また今後はどのように推移すると見込んでいるのですか?

A7.キャッシュアウト分と元本放棄分を合わせ、08年3月期には333億円、
09年3月期には407億円、10年3月期第1四半期には105億円 を返還しました。
これらにつきましては、
すべて2年前に計上した「利息返還損失引当金」の取り崩しで対応しており、
損益への影響はございません。
グレーゾーン金利での融資残高は今年度中にはほとんどなくなる見通しであり、
過払い金利の返還額につきましても今年度は約370億円、
来年度以降は年間200億円台、100億円台へと減少してゆくと予想しております。

Q8.過払い金利返還の時効に関する09年1~3月の
一連の最高裁判決の影響について教えて下さい。

A8.最高裁は「過払い金利返還請求における時効の起算日は『貸借取引の終了時』である」
との判断を示しました。
当社は従来からほぼ同判決内容に沿った運用を行っております。
従いまして、当社は今回の一連の最高裁判決による影響を
ほとんど受けないものと考えております。
ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★

オリコ[4]和解書到着 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



実家にオリコから和解書と引き直し計算書が到着しました。
入金日は和解書の返送期限から10日後です。

電話ではこちらの引き直し計算が間違っていたのに、
強気に出てしまって後で恥ずかしい思いをしたので、
早速金額を確認。

オリコの計算では1万円ほど少なかったのですが、
まあ良しとしました。

和解書に署名、押印して返送して
後日無事に入金を確認して終了です。

それからカードはどうなったか、ですが
母に聞いたら
返送用封筒を送るからそれで返送してくれ、といっていたような・・・
ということでした。
といっていたような・・・ってことはまだ送り返してなさそう。
もう一度聞いてみて間違っていたら訂正します。

オリコは過払い請求した業者の中でいちばん対応が良い会社でした。
オリコカードは二重丸♪ってCMがありましたが(古っ)
まさにその通りでした。
(あくまでも私が体験した感想です。
推定計算など絡むとすんなり行かなかったりする場合もあるようです。)


オリコに関してはこんな本も出版されています。


過払金返還請求に対するオリコにおける実務対応をQ&Aで詳説。
取引履歴開示請求や文書提出命令、不当利得返還請求等、重要テーマへの対応を提示。
クレジット・カード会社、弁護士、裁判所等、関係者必読の書。
ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★

オリコ[3]請求書の送付 


はじめての方はこちらから 全記事一覧



引き直し計算の結果、約110万円の過払いがありましたので
請求書委任状を送りました。

送り先は取引履歴の送付元にしました。
○○管理センター(○○は地名)というところです。

請求書が届いたと思われる日から2日後、実家に電話がありました。
(母の借り入れです)
母には何かあったら返事をせずに私に連絡するように言ってあります。
最初の電話は父が受けたので、私と一緒にいる時にまず母から電話してもらいました。

電話中・・・

会話の内容からすると、母が了承済みかどうか委任状の件について確認を取っているみたいです。
電話代わるよ、と合図して私が電話に出ます。

私 お電話代わりました。娘の○○です。

オリコ 代理人さんですね。委任状拝見しています。
     過払い金ですが、支払日までの利息を含めてお返しいたします。

私 (おっ!満5+5!)

オ 計算書と和解書を送りますので返送いただけますか?

私 そちらの計算ですと金額はおいくらですか?

実はオリコがいちばん最初にした過払い請求でした。
なので引き直し計算に自信が無かったため、確認したかったのです。
だって、100万円以上も返済しなくてよいお金を返していただなんて、
誰が信じられます?普通は信じられませんよね・・・

オ うーん・・・

私 こちらの計算だと115万ぐらいになるのですが。

オ えーとですね、えー、115万まではいきませんね・・・
  (おかしい、困ったな、という感じでした)  

私 (えっ?計算違う。どうしよう。)
  そうですか、計算書見て確認します。

オ お願いします。

何が違うんだろう、オリコ、なにか誤魔化してるんじゃ!?
電話終わってから引き直し計算書を見直します。

すると、間違い発見。
借り入れが一度抜けていました・・・(恥)
ちょっと強気に出てしまいましたよ、ごめんなさいオリコさん。

だって、交渉は強気に、とどこかで読んだので・・・
引き直し計算の確認はしっかりとしましょう。

ランキングに参加しています。皆様の応援が励みになります!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ


関連記事★









Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。